Ableton LiveをコントロールiPad『TouchAble』/iPhone『TouchAble Mini』

ALL
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
StumbleUpon にシェア
reddit にシェア
Delicious にシェア
Digg にシェア
StumbleUpon にシェア
email this

 

 

 

 

ヴァージョン3登場! USBケーブルでも接続可能に

 

iPhone版

touchAble MiniApp

価格: ¥1,200

 

iPad版
touchAbleApp

価格: ¥3,000

 

 

 

 

2014/12/3

 

Ableton Live用 iPadコントローラー

バージョン 3.0 登場!

 

今までの無線Lan環境の他、

USBケーブルで接続することができるようになりました。

iPadとiPhoneのリンクモード : iPadとiphoneを何台でも同時に使うことが可能。

touchAble3 とtouchAble Miniを同時に使うことが可能。ひとつのデバイスでナビゲートを行い、別のデバイスでその他のコントロールを行なうようなことができます。

-Rack内のデバイスにもアクセスが可能になりました。

-Blue Hand モード(touchAbleのデバイスモジュラーを開いている際、Liveのデバイスをマウスでクリックすると、touchAbleにもそのデバイスが表示されるようになります。スタジオでは役に立つ機能でしょう)

 

 

バージョン 3.0 の新機能

!!! HTTP://TOUCH-ABLE.COM より最新のインストーラパッケージをダウンロードし、指示に従ってインストールしてください。!!!

新しいServerはシステムサービスとしてバックグラウンドで動作するようになりました。
USBケーブルで接続することができるようになりました。
-新しいサーバー Java を必要とするサードパーティー製ソフトウェアを使う必要がなくなりまた。touchAbleコンソールがシステムをモニターします。
-新しいLive Device Template Pack(App内課金で購入可能)によって、すべてのLiveネイティブデバイスが優れたレイアウトデザイン表示に変わります。; あなたのiPadにはLiveとほぼ同じレイアウトデザインで表示されるようになります。
-新しいオープニングページ
-Follow currently launched scene 機能追加(環境設定より設定可能)
-Drum Rackパッド、アイソモーフィックキーボード、キーボード、ピアノロール(MIDIクリップエディター)には違うMIDIチャンネルを設定することが可能になりました。
-iPadとiPhoneのリンクモード : iPadとiphoneを何台でも同時に使うことが可能。
touchAble3 とtouchAble Miniを同時に使うことが可能。ひとつのデバイスでナビゲートを行い、別のデバイスでその他のコントロールを行なうようなことができます。
-ロータリー/ピッカー感度調整機能追加(環境設定より設定可能)
-スナップ/タイムスナップモードメニューに4つのエンベロープセレクター(EXP, LIN, LOG, HANN)が追加されました。
-MIDIクリップエディターのピアノロールでノートを演奏することが可能になりました。(Scaleタブを選択すること)
-Rack内のデバイスにもアクセスが可能になりました。
-ブラウザーからのドラック&ドロップでデバイスをロードすることが可能になりました。
-Blue Hand モード(touchAbleのデバイスモジュラーを開いている際、Liveのデバイスをマウスでクリックすると、touchAbleにもそのデバイスが表示されるようになります。スタジオでは役に立つ機能でしょう)
-セカンドデバイスモード(環境設定より設定可能) フルビューではスクリーンの半分にデバイスを表示、スクリーンのもう半分にデバイスセレクターメニューを表示。新しいオプション「Maximize Size of Device in Fullscreen 2nd Mode」 (環境設定)をオンにすることでスクリーンの3/4のサイズでデバイスを表示できるようになります。
-XYパッドとTemplateエディターでRack内のパラメーターもアサインすることができるようになりました。
-その他たくさんのバグ修正、最適化、改良が行なわれています。

 

 

 

 

iPad版

 

 

 

 

TouchAble 1 ユーザーは、フリー・アップグレード

設定方法、パソコン用インストーラーのダウンロードは公式サイトから

http://www.touch-able.com/quickguide

 

touchAble (Version 3) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥3,000
デベロッパ名: AppBC
リリース日: 2010/08/31
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (4 / 25件の評価)
 

iPad スクリーンショット

iPad スクリーンショット 1
iPad スクリーンショット 2
iPad スクリーンショット 3
iPad スクリーンショット 4
iPad スクリーンショット 5

 

説明

touchAbleはAbleton Live のためのコントローラアプリです。

“ハードウェアの中ではPushがライバル、アプリの中ではほぼライバルなしのコントローラ” DJ TECHTOOLS

数々の新機能が加わり、これまでの機能が改良されたtouchAble3。今回のバージョンからUSBケーブルを使った接続が可能になりました。
新しいLive Device Template Pack(App内課金で購入可能)によって、すべてのLiveネイティブデバイスが優れたレイアウトデザイン表示に変わり、Liveとほぼ同じレイアウトデザインで表示されるようになります。

“Liveとの統合、これだけのコントロール、これだけのカスタマイズが出きることに感銘を受ける” SonicTouch Gold Award. SONICSTATE

“touchAbleはライブパフォマンスやスタジオセッションに新しいレベルを与えてくれるだろう” DJMAG

“ttouchAbleはコントローラアプリの革命と言えるだろう” ASKAUDIO magazine

“iPadを持っているAbletonユーザーは簡単に推薦できる” RESIDENT ADVISOR

“touchAble はこれまでのどのアプリよりも先を行っている.”   CREATE DIGITAL MUSIC

“Liveユーザーがメインコントローラとして実用的に使えるたくさんの機能が付いている ” DUBSPOT

“touchAbleは一流のコントローラアプリ” BEAT Magazine

スクリーンを2分割して2つのモジュラーを同時表示させることや、ひとつのモジュールをスクリーンに最大限に表示させることも可能です。もしひとつのipadだけではサイズが十分ではない場合、複数のiPadやiPhone(touchAble Mini 使用)を同時に何台でも使うことができます。
6つのモジュールはLiveからの完全なフィードバックを得ることができます。そしてそれぞれのモジュールは以下のような機能を持っています。

Clips:
クリップとシーンのローンチ、ソロとアームトラック、再生中のクリップのループコントロール。
セットの中のどの場所にでも素早くアクセスを可能にするオーバービュー機能。トラック・シーン・クリップ・クリップ停止ボタンの挿入や削除。
MIDIエディターを使えばMIDIクリップのエディットをすることができます。ドラムモードでは簡単にループ制作を行なうことができ、コードモードではいかなるスケールでも、正確なノートの書き込みや調節をすることが可能。
Mixer:
ボリューム、センド、パンの調節。クロスフェーダーへのアクセス。正確な数値を表示するdBレベルメーター。スナップ機能では4つの異なるエンベロープタイムモードを選択可能。
Devices:
Liveのデバイス、AUプラグイン、VSTプラグインへのアクセス。Rack内のデバイスへのアクセスも可能。
インテリジェントコントロールによりLiveで使用するどのデバイスにも適応。 スナップ、コンボモード。
Live Device Template Pack(App内課金で購入可能)によって、iPadに表示されるLive デバイスはソフトウェアとほぼ同じ表示がされます。
Keys & Pads:
伝統的なキーボード、ドラムパッド
アイソモーフィックキーボード
スケールセレクター、ノートリピート、アフタータッチ、ポジショナルベロシティ対応
XY Pad:
12個までのパラメーターをアサインし、同時にコントロールすることができます。各ドットを物理学法則に従った動きをさせることや、ドットの位置をスナップショットすることでモーフィング効果を作ることも可能。 ジェスチャーレコーダーを使いドットの動きをレコーディングすることも可能。
Template Editor:
XYパッド、フェーダー、ロータリーノブ、ボタン、ラベル、コンテイナーを使って、あなた自身のインターフェイスをレイアウトすることができます。LiveのどのパラメーターでもMIDI CC/ノートでもアサイン可能。
あなたが作ったテンプレートとtouchAbleのモジュールを合体させることもできます。
Browser
ブラウザーからLiveのライブラリーにアクセスすることができます。ブラウザーに表示されるデバイスをトラックの上にドラック&ドロップ、または、サンプルをドラムパッドの上にドロップするだけ。

touchAble3 はLive 8、9のIntro、Standard、Suiteすべてのバージョンをサポート。どのジェネレーションのiPadでも動作します。
Server Software はOS X10.5以降、Windows XP以降をサポート。
•Server Softwareは http://www.touch-able.com よりダウンロードし、マニュアルに従ってインストールしてください。
•Apple USBケーブルでiPadとコンピューターを接続、もしくはAdHoc Wifiネットワーク(推奨)もしくはルーターネットワークを利用することでiPadとコンピューターを接続することができます。
•Ableton Liveを起動し、環境設定>MIDI>コントロールサーフェスでtouchAbleを選択してください。
•iPadでtouchAbleを起動後、接続ページに表示されるネットワークから希望のものをタップしてください。
•数秒後にはあなたのセットをtouchAbleできるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

TouchAble 2 – COMING SOON – Control Ableton Live with your iPad

 

 

 

 

KORG ( コルグ ) / nanoKONTROL 2 BK

最新のデザインと技術を集結した、超小型でスリムなフィジカル・コントローラー

 

→サウンドハウス

amazonrakutenSoundHouse

 

KORG ( コルグ ) / nanoKONTROL 2 WH

→サウンドハウス

amazonrakutenSoundHouse

 

 

 

 

 


 

 

TouchAbleのiPhone版が登場!

 

 

touchAble Mini (Version 3) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥1,200
デベロッパ名: AppBC
リリース日: 2014/02/11
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (無し / 0件の評価)
 

iPhone スクリーンショット

iPhone スクリーンショット 1
iPhone スクリーンショット 2
iPhone スクリーンショット 3
iPhone スクリーンショット 4
iPhone スクリーンショット 5

 

 説明

TouchAbleはAbleton Liveのためのコントローラアプリ。 グラミー受賞アーティストからベッドルームプロデューサーまで、 世界中のアーティストによって、ステージで、スタジオで、ツアー中に利用されているアプリです。

# Sonic touch Gold Award 2014
# Best IOS Control App 2013 – HISPASONIC.COM # Top Gear 2013 ASKAUDIO MAG
# App of the Month – IPADMUSIC.COM
# DJ TECH TOOLS : ” A controller that rivals the Push in the hardware space, and almost completely leaves the competition behind in the app space.”
# DJ MAG “touchAble can really add a new level of performance to your gigs and recording sessions.” # RESIDENTADVISOR.COM :”If you are an Ableton user , it’s an easy recommendation.”
# CROSSFADER.COM: “Wireless and compact, this may be the greatest Ableton aid known to man.”
# ASKAUDIO MAG: “touchAble promises to be a real game-changer in the world of controller apps.”
# DE:BUG MAG: “The New standard of Controller apps for iPad.”

TouchAble Mini はあなたのiPhoneやiPodを使ってAbleton Liveを操作することができるコントローラアプリです。 TouchAble( iPadバージョン)の80%以上の機能を網羅。人間工学に基づく、iPhoneやiPodのためにレイアウトされたイ ンターフェイス。
TouchAble Serverを利用することで、複数のiPhone・iPodを同時に使い、Ableton Liveをコントロールすることができま す。
各モジュールへはAbleton Liveからビジュアル・フィードバックが施され、今何の操作をしているのかをいつでも確認するこ とができます。
搭載モジュール:

Clips:
クリップモジュールではAbleton Liveセッション・ビューの表示がされ、クリップやシーンのローンチ・ソロアームボタンの オンオフ・再生中クリップのループ設定を行うことができます。Overview機能により、たとえ大きなライブセットであって もアクセスしたいポイントに瞬時にジャンプすることが可能です。
Ableton Live 9のユーザーはこのモジュールを使うことによって、トラックやクリップの挿入・消去の操作を行うことができ ます。コンピューターを見なくてもライブセットの管理を行うことができます。

MIDI Clip Editorを使えばMIDIクリップの編集も可能です。
Drum Modeにすればドラムループを簡単に製作することが可能。
Chord Modeにすればノートの書き込み、レングス調整、どのスケールでの書き込みも簡単に行えます。

Mixer: TouchAbleのミキサーモジュールではボリューム・センド・パン・クロスフェーダーの操作をすることができます。 クロスフェーダーへのアクセス、A/Bクロスフェーダー・アサインへのアクセス。 精密なレベルメーターが表示され、コンピューターを見ることなくミックスだけに集中することができます。
Snap ModeやMultiple controlsを使えば各トラックをより直感的に操作することができるようになります。スタジオだけで なくライブパフォーマンスでの強力なツールとなるでしょう。

Devices:
Liveディバイス・VST・AUプラグインへのアクセスを行うことができます。
いくつかのLiveディバイスはAbleton Liveと同様のグラフィックインターフェイスが表示されるので、親しみをもって操作で きるでしょう。
Snap ModeやCombo Modeを使えば、ライブパフォーマンスにおいてより直感的なコントロールチェンジを行うことができ ます。

Keys & Pads
キーボードとドラムパッドにはいくつかのパフォーマンス用の機能が搭載されています。 スケールの変更、ノートリピート、アフタータッチ、オクターブ、ベロシティ変更を行うことができます。

XY Pad XYパッドでは12個までのディバイスパラメーターをドットにアサインし、コントロールすることが可能になります。
Gravity Parameter機能を使えばナチュラルなエフェクトやユニークなエフェクトをクリエートすることができます。 Snap Shot機能を使えばパラメーターを瞬時に復元することや、モーフィングエフェクトを作ることも可能です。

Browser
Ableton LIve 9ユーザーはTouchAbleからライブラリーへのアクセスが可能です。
Liveディバイス(インストゥルメント・サンプル・ドラム・サウンド)をトラックにドラッグ&ドロップするだけで楽曲製作 に取りかかれます。 または、サンプルを各ドラムパッドにドロップするだけでもドラムパッドの演奏ができるようになります。

動作環境
Ableton Live9/8 Intro/Standard/Suite iPhone/iPod全シリーズ iOS 5以降
サーバーソフトウェアはOS X 10.5以降、Windows XP以降に対応
サーバーソフトウェアのダウンロードはhttp://www.touch-able.comより、 表示される手順に従ってインストールを行ってください。
TouchAble起動方法
⁃ スタジオセッション:ルーターネットワークを使い、コンピューターとiPhone/iPodを接続
⁃ ステージパフォーマンス:AdHoc wifiネットワークを使い、コンピューターとiPhone/iPodを接続
⁃ TouchAble サーバーを起動
⁃ Ableton Liveを起動
⁃ iPhone/iPodでTouchAbleを起動し、表示されるサーバー名をタップ
⁃ 数秒以内であなたのセットがタッチャブルになります!

バージョン 3.0 の新機能

touchAble Mini 3 is here!

You can now use a simple USB cable to connect 🙂
Access to devices in racks in racks in racks in racks in racks…..!

The device module can now follow the selected device in Live (Blue Hand)
Devices can now be loaded to any place of a track’s device chain using the browser and drag and drop.
You can now play notes with the keys of the piano roll within the MIDI Clip Editor in the scales tab.

Completely recoded Server. (Goodbye Java!:) From now on, the Server is running in the background as a System Service.

New Settings, including:
– Follow currently launched scene option.
– choose and assign different MIDI channels for Drum Pads, Keyboard, and Piano Roll (MIDI Clip Editor).
– iPads & iPhones Link Mode: combine several Devices to one big control surface.
– Rotary controller sensitivity setting.
– Snap and Timed Snap Mode 4 different envelopes: Exponential, Linear, Logarithmic, Hanning.

Countless of bug fixes, optimisations and enhancements.
Get the latest installer at http://www.touch-able.com/downloads/ and follow the instructions in the quick user guide included in the app