『Apple LOGIC PRO X』インストール方法・手順 便利な機能Tips

ALL
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
StumbleUpon にシェア
reddit にシェア
Delicious にシェア
Digg にシェア
StumbleUpon にシェア
email this

 

 

 

スクリーンショットで見る、

Apple 『LOGIC PRO X』インストール手順と時間と便利な機能Tips

※ 発売日の当日、世界中からアクセスされサーバーも多少の混雑時のレビューです。

 

 

 

App Store より 仕様を確認し、Logic Pro X App (¥23,800)を購入

 

applogic

 

 

 

 

 

 

購入後、 ダウンロード開始 時間 約5分 容量650MB

dllogc

 

 

ダウンロード完了後、アプリケーション・フォルダよりアプリを起動

fllogic

Logic Pro 9であった32ビット選択が無くなってます。プラグインは、AU 64bitのみ。

 

 

 

 

 

 

容量2GBのコンテンツを約13分でダウンロード。その間に日本語ヘルプを見る。

2glogic

 

 

 

 

 

 

 

ダウンロード完了後、Logic Pro Xアプリを起動。キーコマンドの設定画面が表示。

keylogic

 

 

 

 

 

 

初回に時間のかかる「プラグインの読み込み」

これがPro Xの起動画面

openlogic

 

 

 

 

 

 

 

追加コンテンツのダウンロード

defaltlogic

 

 

 

 

 

 

 

新しい音源!

最大で容量36.2GB

(Logic Pro 9ユーザーなので重複は省き、容量25.9GB ダウンロード時間 表示時間は約30分くらい。世界中からアクセス混雑時だったため約2時間強 )

※ 膨大な音源や素材など、Logic Pro 9からの追加分は25.9GBぐらいと思われます。

 

addconte1 addconte2

 

 

 

 

 

 

 

新規プロジェクトの作成画面

maing

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず「HipHop」を選択、これが Pro Xの操作画面です!

fopenl

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたTips

 

「 Logic Pro 9」と「Logic Pro X」は同時起動できます。

MIDI内部同期も可能なので、MIDIコントローラーなどで再生ボタンを押せば同期再生します。

pro9prox

 

 

 

 

 

 

便利なキーボードを押さえているコード表示機能は、「→」の『表示モード』より『カスタム』より選択すると出て来ました。

chord 

 

 

『Midi FX』すごく便利になってます。

アルペジオ、コードトリガー、ランダマイザー、スクリプターなど

スクリプターはプログラミングを追加して新たなMIDI FXを追加することも可能。

midiFX

 

 

 

 

 

ものすごく便利『Smart Control』という新機能

 

外部コントローラーのMIDIアサインがより簡単になりました。

「外部アサインメント」の登録ボタンを押して、アサインしたいボタンを選択、外部のMIDIキーボードやコントローラーを回すだけ。オートメーションもすぐに書けます。

asign

 

そして、 『パラメータマッピング』。最大値、最小値などをマッピング可能。

parammap

 

 


シンセサイザー用の Smart Control には、波形選択や、レゾナンスとフィルタカットオフ調整のためのスクリーンコントロールが含まれます。また、弦楽器用の Smart Control には、アーティキュレーション変更用のコントロールが含まれます。

 

例えば、今まで通りのプラグイン表示・編集も可能ですが、

Automatic Smart Controls』新機能は 最適なマッピングを自動で判断しレイアウトされます” サードパーティのWavesのプラグイン 「C4」と「API2500」など複数のプラグインがこんな感じマッピングされ操作することができます。この新機能でサードパーティのプラグインも簡単にアサインやマッピングも出来ます。

waves

 

また、インストゥルメンタルやエフェクターも複数まとめて自動マッピングされます。サードパーティのAddictive ドラムとEQなどの例

ad

 

 

 

 

ピッチ補正は、自然(ナチュラル)な感じでかかります。(どちらかと言うとオートチューンよりメロダインっぽいです。補正だけならこれで十分な新機能です。)

トランジェントで区切った長さに沿ってピッチ補正。また、応用方法でリージョンを切断すれば、そこからピッチ補正をかけることができます。

pitch

autotune 

 

 

 

 

「CAPSキー」ONで表示されたPC鍵盤は、メニュー・バーの『ウィンドウ・タブ』から「ミュージックタイピング」と名称が変わってます。

capkey

 

 

 

アンプ類、コンパクトエフェクターの「ペダルボード」が地味に良いです。

bass ampd pedalboard

 

 

 

 

 

 

Logic Pro 9 との比較レビュー

  • 9 独特のプラグインの追加の時の”もたつき”が無くなり快適になった。
  • 9ユーザーからの”情報は引き継げる”のでスムーズにXへ乗り換えできる。9のファイルやチャンネルストリップやキーコマンドやエンバイロメントなども
  • Xは、全体的に操作がスムーズ。
  • 膨大な新音源と新機能により確実に進化してます。
  • アプリ起動時間短縮された。(約5秒で起動)
  • フルスクリーン表示した方が操作しやすいです。 
  • パラメータマッピングと外部MIDIアサインがより簡単で快適に
  • 無料 iPadアプリ「Logic Remote App (無料)」でリモート操作でき便利
  • Xは32bitモードで機能しないので、9で使えていた32bitのAUプラグイン利用不可。
  • Logic Pro 9 とLogic Pro Xは同時起動可能。設定すれば同期再生も可能。

 

 

 

 

 

「Logic Pro Xはこれまでで最もパワフルなバージョンであり、プロフェッショナルクオリティーの音楽制作プロセスを効率化する高度なツールと近代的な新しいインターフェイスを搭載しています。ミュージシャンのみなさまに、Drummer、Flex Pitch、Track StacksそしてArpeggiatorといったクリエイティブな新機能を大いに気に入っていただけると思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

 

新しく高性能で安い!ほんとにすごいです。

新しいツールで”新しい音楽”が生まれる高揚感と期待感が溢れます。

 

Logic Pro X (Version 10.0.5) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥23,800
デベロッパ名: Apple
リリース日: 2013/07/16
現Ver.の平均評価: (3.5 / 3件の評価)
通算の平均評価: (4.5 / 43件の評価)
 

 

 

アップル公式

http://www.apple.com/jp/logic-pro/whats-new/

 

 

 

㊙ Apple『 Logic Pro X 』 32ビット・プラグイン起動方法

 

 

 

アップル新DAW 『Logic Pro X』ついに登場!  & 『Logic Remote』『MainStage3』