Logic Pro X チュートリアル 「オプション(Option)・クリック・シークレット」

ALL
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
StumbleUpon にシェア
reddit にシェア
Delicious にシェア
Digg にシェア
StumbleUpon にシェア
email this

 

 

 

Logic X Tutorial – Option Clicking Secrets

 

 

 

 

・Logic キーコマンド情報

http://help.apple.com/logicpro/mac/10.2/?lang=ja#/lgcp02bf31b6

http://www.logicprokeycommands.com/logic-pro-x-key-commands/

 

・Optionコマンドの更新情報

Logic Pro X 10.1 アップデート

新機能

  • ムービーをムービートラックでドラッグすると、1 フレーム分増えた位置に移動し、「option」キーを使ってより短い増分単位で移動できるようになりました。

 

メインウインドウ

  • option」キーを押しながら、「トランスポーズ」または「ベロシティ」などのインスペクタパラメータをクリックすると、デフォルト値に再びリセットされます。

 

エディタ

  • option」キーをハサミツールと一緒に使って、長いノートを同じ長さの短いノートのセットに分割できるようになりました。

 

グローバルトラック

  • option」キーを押しながら 1 つのテンポセットから別のセットに切り替えると、最初のテンポセットがコピーされるようになりました。

 

Logic Pro X 10.0.7 アップデート

新機能と機能拡張

  • ベロシティツールと同じように、ピアノロールの“ベロシティ”スライダとスコアインスペクタに修飾キーを使って動作を変更できるようになりました。ほかのノートが最大または最小の MIDI ベロシティ値に達していても、ホールドオプションによって、ノートのベロシティを変更された状態に保つことができます。 「option + shift」によって、すべてのノートを同じベロシティ値に設定できます。

 

  • トランジェントマーカーを「オーディオファイル」ウインドウの過去に削除したトランジェントの位置付近に挿入する際に、マーカーは挿入時に「option」キーを押した場合にのみ、削除されたマーカーの位置にスナップするようになりました。

 

  • 「option」キーを使って、ステレオチャンネルストリップ上の既存の 2 つのプラグインの間に、モノラルのプラグインを挿入できるようになりました。また、その逆も可能です。

 

 

オートメーション

 

  • 「option」を押しながら MIDI ドローポイントをもう一度クリックすると、同じリージョンの後続の MIDI ドローポイントをすべて選択できます。

 

 

Logic Pro X 10.0.5 アップデート

新機能と機能拡張

 

  • ループブラウザにある緑色の Apple MIDI loop を「option」キーを押しながらトラック領域にドラッグして、オーディオループとして追加できるようになりました。

 

https://support.apple.com/ja-jp/HT203718

 

 

 

Logic Pro X (Version 10.2.1) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥23,800
デベロッパ名: Apple
リリース日: 2013/07/16
現Ver.の平均評価: (4 / 9件の評価)
通算の平均評価: (4.5 / 127件の評価)
 
Logic Remote (Version 1.3) App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料
デベロッパ名: Apple
リリース日: 2013/07/16
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (3 / 62件の評価)