エフェクト・ミックスで1日中遊んでいられる iPadアプリ「RMX-1000」登場!

ALL
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
StumbleUpon にシェア
reddit にシェア
Delicious にシェア
Digg にシェア
StumbleUpon にシェア
email this

 

 

Pioneer RMX 1000 Demo for the iPad

 

 

楽曲の展開・アレンジ・ブレイク作りに

エフェクト・ミックスで 1日中遊んでいられる iPad用アプリ「RMX-1000 for iPad」登場!

 

 

  • 実機 パイオニアDJ機器REMIX STATION「RMX-1000」をベースにiPadアプリ開発

  • 新たな楽曲展開を瞬時に作り出すSCENE FX (各エフェクトは「BUILD UP(音追加系)」と「BREAK DOWN(音カット系)」の2つに分類され、楽曲の盛り上がりをさらに強調したりブレイクをはさんだりして、新たな楽曲展開を作り出すことができます)

  • 帯域別に音色を変化させるISOLATE FX (3種類のエフェクトを搭載し、HI/MID/LOWの周波数帯域別に音を加工)

  • 新たな音をリズムに合わせて追加できるX-PAD

  • エフェクトをより個性的に演出するRELEASE FX (エフェクトのみを出すような個性的な演出が可能)

  • Inter-App Audio、Audiobus対応

 

 

 

http://www.beatmakingentertainment.com//HLIC/7830990f7882bc5e22fd09aa8e984317.png RMX-1000 for iPad (Version 1.0.1) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥2,400
デベロッパ名: Pioneer DJ Corporation
リリース日: 2015/10/20
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (4.5 / 5件の評価)
http://www.beatmakingentertainment.com//HLIC/37f01a607d10732a907af489662fc427.jpghttp://www.beatmakingentertainment.com//HLIC/4961d8694e34e2624a0736c5be677ee8.jpg

 

iPad スクリーンショット

Select Music
http://cdn.pioneerdj.com/~/media/pioneerdj/images/products/software/rmx-1000-for-ipad/rmx1000-ipad-scenefx.png?h=1000&w=1000&hash=E833F500B206C0C7AD67F96553E2C93C23E8B0DE
iPad スクリーンショット 1
iPad スクリーンショット 3

説明

「RMX-1000 for iPad」は、iPadを使った楽曲制作において個性的で多彩なアレンジを加えることができるiPad用アプリケーションです。

オリジナリティを求めるプロフェッショナルDJ/プロデューサーに数多く使用されているDJ機器REMIX STATION「RMX-1000」をベースに、iPadのUIに合わせて開発されています。

楽曲の強調やブレイク等をシンプルな操作で作り出したり、楽曲のリズムに合わせて新たな音を追加したりすることができる、RMX-1000で好評のエフェクトをすべて搭載しています。
さらにエフェクトのパラメーターなどを自分好みにカスタマイズできるなど、より個性的なアレンジを楽曲に加えることができます。

【主な機能】
◇オリジナリティあふれるアレンジを加えられる個性的で豊富なエフェクト
X-PAD FX:原曲にはない新たな音を楽曲のリズムに合わせて追加したり、それらでシーケンスを組んだりなどして楽曲展開を多彩に演出。
SCENE FX:「BUILD UP(音追加系)」と「BREAK DOWN(音カット系)」で新たな楽曲展開を作り出せる。
RELEASE FX:エフェクトのみを出すような個性的な演出が可能。
ISOLATE FX:3種類のエフェクトを搭載し、HI/MID/LOWの周波数帯域別に音を加工できる。
◇各種パラメーターの数値や種類を変えることでより個性的な演出ができるCUSTOMIZE機能。
◇Inter-App Audio、Audiobusに対応(Audiobusは別途購入が必要)。