ヤマハからiPadアプリ『Synth Arp & Drum Pad』 無料化!

Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
StumbleUpon にシェア
reddit にシェア
Delicious にシェア
Digg にシェア
StumbleUpon にシェア
email this

 

 

 

ヤマハiOSアプリ 無料化!

 

 iPad用

Synth Arp & Drum PadApp

価格: 800円→無料化

 

Keyboard Arp & Drum PadApp

価格: 400円→無料化

 

 

iPhone/iPad用

Mobile Music SequencerApp

価格: 1,900円

 

Yamaha Synth BookApp

価格: 無料

 

 

 

 

 

 

アルペジエーター(和音を分散して弾いたパターンを自動的に生成し演奏する機能)やドラムパッドを使って、アプリ内のシンセサイザーや接続したMIDI機器を簡単に演奏し、多彩な音楽ジャンルのフレーズで音楽制作できるアプリケーションです。

342種類のアルペジエーターと、61種類の高品位な音色を持つシンセサイザーを用いて、ダンスミュージックからヒップホップ・ロック・ポップといった多彩なジャンルのフレーズをリアルタイムに生成し、簡単にトラックメイキングできます。

ループシーケンサに録音して、フレーズの形で保存できます。録音後の音色加工も自由自在です。

ドラムパッドを使うと、ドラムロールさえも簡単に効率良く演奏できるほか、複数のキーを同じパッドにアサインして、和音も指一本で叩けるようになります。また、パッドごとに搭載されているステップシーケンサーを使って、リズムトラックを簡単に作成することも出来ます。

Synth Arp & Drum Pad (Version 1.2.0) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥400→無料化
デベロッパ名: Yamaha Corporation
リリース日: 2012/06/28
現Ver.の平均評価: (4.5 / 7件の評価)
通算の平均評価: (4 / 171件の評価)
 

 

iPad スクリーンショット

iPad スクリーンショット 1
iPad スクリーンショット 2
iPad スクリーンショット 3
iPad スクリーンショット 4
iPad スクリーンショット 5

 

 

 

 

ドラムパッド部は、AKAI MPCを模倣 ただしサンプリングは出来ない(version 1.0.0)

 

MPCで言うノート・リピート有り。MPCで言う16Levelのベロシティでは無く5つの指定したベロシティ(音量)で入力が可能。

MPCと異なる機能で1つのパッドを左右で分けて別々のノート、ベロシティを登録ができる。

Learn機能が優れていて、コード(和音)を登録できるのがすごい便利な機能が付いています。

アルペジエーター部分とドラムパッド部分はMIDI信号を異なるチャンネルに送れるので、アルペジエーターでドラムビートを鳴らしながらパッドでコード演奏をすることもで­きます。

 

 

 

Drum Pad
– 16個のドラムパッドには、それぞれ5つのノートを指定したベロシティで入力できるので、指一本でのコード演奏や複数のパーカッションの演奏ができます。
– さらにひとつのパッドには右と左で別々のノート、ベロシティを登録することができ、より細かい演奏が可能です。iPad画面上でのタップの強度もベロシティに反映します。
– パッドごとに搭載されているステップシーケンサーを使って、リズムトラックを簡単に作成することも出来ます。
– また、Learn機能を使えば、画面下部に表示される鍵盤や外部MIDI機器の鍵盤でコードを押さえるだけで、簡単に和音を一つのパッドに登録できます。
– 64種類のユーザーテンプレートを使ってお好みの設定を保存できます。

 

 

 

 

シンセ・キーボード部

 

あのシンセサイザーYamaha Motifの使い勝手が良いフレーズ・アルペジエーターが、

iPadでさらに機能が進化されています。

 

 

Software Synthesizer
– 7つのドラムキットを含む、61種類の高音質な音色が選択可能
– Cutoff,Resonance,Attack,Release,Portamentoをノブでコントロール可能。音色設定が容易です。
– エフェクトも、リバーブ・コーラス・バリエーションエフェクトを個別に設定可能。

Keyboard Arpeggiator & Scale
– さまざまな楽器の演奏パターンを収録した342種類のアルペジオが選択可能。
– それぞれのアルペジオフレーズはSWING、ノートの長さ、オクターブレンジなどの設定をリアルタイムで調整できます。
– 更に、スケールを切り替えての演奏もできます。スケールキー上では、タップしたまま指を前後左右に動かすことで、Cutoff,Resonance等の音色コントロールが可能です。(タッチコントロール機能)
– iPad画面上でのタップの強度をベロシティに反映、画面左のリボンコントローラーでもコントロール可能です。

 

 

 

 

 

こんな使い方

Core MIDI対応のi-MX1などのMIDIインターフェース接続

ヤマハ MIDIインターフェース i-MX1 

B0057CZ93EPC_ShopamazonrakutenSoundHouseMobile_Shopamazonrakuten

 

 

MIDI Loop Sequencer/Recorder
– 先に録音した演奏を再生しながら、その音楽に合わせ別の演奏をプラスして録音する、オーバーダブでの録音ができます。
– 通常の録音の他、任意の長さのループを前提とした録音も選択できます。
– クオンタイズ設定や、録音スピードの調節、プリカウント設定も可能。
– データセットも最大5つまで保存できます。