Yamaha iPhone/iPadアプリ TNR-iのダンスミュージック版「TNR-e」登場!

ALL
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
StumbleUpon にシェア
reddit にシェア
Delicious にシェア
Digg にシェア
StumbleUpon にシェア
email this

 

 

 

TNR-eApp

価格: ¥2,400

 

TNR-iApp

価格: ¥2,400

 

Mobile Music SequencerApp

価格: ¥2,400

 

Synth Arp & Drum PadApp

価格: ¥800→無料化

 

 

 

TNR-iのダンスミュージック版「TNR-e」登場!

ダブステップやプログレッシブハウス・EDM、エレクトロの音色が搭載

新機能・マスターエフェクトを2系統搭載

 

 

TNR-e (Version 1.0.0) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥2,400
デベロッパ名: Yamaha Corporation
リリース日: 2013/11/07
現Ver.の平均評価: (3.5 / 3件の評価)
通算の平均評価: (無し / 0件の評価)
 

 

 

 

 

iPhoneスクリーンショット

iPhone スクリーンショット 1
iPhone スクリーンショット 2
iPhone スクリーンショット 3
iPhone スクリーンショット 4
iPhone スクリーンショット 5

 

iPadスクリーンショット

iPad スクリーンショット 1
iPad スクリーンショット 2
iPad スクリーンショット 3
iPad スクリーンショット 4
iPad スクリーンショット 5

 

説明

16×16のマトリクスボタンで、音楽知識がなくても直感的に音楽を作り奏でられる TENORI-ON に、ダブステップやプログレッシブハウス・EDM、エレクトロなどの音楽のエキスを詰め込んだ新しいアプリ TNR-e が登場!!

DubstKitなどの使えるドラムパート、BriteBas,Heliumなどの太めベース音、DubBAXX, Voxdance, VoodooWhといったギラつきのある音色など、これまでのTENORI-ONでは得られなかった音が、あなたの演奏を彩ります。トラックメイク第一歩に相応しいアプリです。

iOS7のInter-App Audio機能をもちいて、他の対応アプリの音源をTNR-eから鳴らすこともできるので、さまざまな音を取り入れることも可能です。

更にTNR-eならではの魅力的な新機能・マスターエフェクトを2系統搭載!
XYパッドのインターフェースを用いて、FILTERなど7種類のエフェクトで、楽曲を味付けし仕上げることができます!
ISOLATORやFILTERを用いてブレイクをつくり、そこからLOOPERで長いリトリガー効果を生みだしサビへとつなげることで、EDMならではの展開も簡単に実現。
即興でのライブパフォーマンスを最大限に引き出します。

録音したデータはストレスなくSoundCloudへアップロードし共有できます。

【入力インターフェースについて】
16 x 16のボタン配列は、基本的に横方向が時間、縦方向が音程になっています。
そこに音を置いていくことで、リズム、メロディーを組み合わせて音楽を作ることができます。
また音が出るのと同時にボタンが光り、その光が動くことで、視覚的なパフォーマンスを演出してくれます。

16種類の音色を同時に鳴らすことができ(16レイヤー)、
それらで作った楽曲パターンを16種までメモリーし(16ブロック)、
リアルタイムに楽曲パターンを切り替えることで、多彩な音楽表現が可能になります。

レイヤーには、6種類の演奏モードがあり、
・横軸(時間)、縦軸(音程)に音を並べていく基本のスコアモード
・置いた音を順に鳴らし、さらに回転を加えることで、刻々と変化するメロディやリズムを楽しめるランダムモード
・絵を描くように、指でなぞった音を奏でるドローモード
・ボールがバウンドするように、落ちたときに音を鳴らすバウンスモード
・持続的に、音に変化を与えながら、演奏することのできるプッシュモード
・簡単に、繰り返しスピードと音程を変化させて、ソロプレイを楽しめるソロモード
これらを組み合わせることで、音楽をより作りこむことができます。

【主な特長】
– ダンスミュージックをより意識し刷新された配色デザイン
– electronic musicで使い勝手のよい253種類の音色
– 2系統のマスターエフェクト(タイプはFILTER, DICIMATOR, DELAY, FLANGER, NOISE, LOOPER, ISOLATOR の7種類)
– 初心者にも分かりやすい入力インターフェース
– Inter-App Audio機能対応
– AudioBus対応
– ボタン操作を手助けするガイド機能
– 複数人でのマルチセッション機能
– オーディオ録音
– ユーザーボイス機能
– ヤマハサーバーでのファイル共有
– SoundCloudへのアップロード機能
– AudioCopy対応